フィルター&クーラー&殺菌灯

DSC05681.jpg

↑ガチ(過剰)ろ過です。文字通りオーバースペックです。。フィルターはスポンジ、外部、上部、ドライ(奥に見える高さ2m30cmの太い塩ビ管)を使用しています。ただしろ材は、ドライろ過だけでなくウェットろ過も全てドライボールです。それと吸水口にはウールマットを巻いています。ドイツ製品の機能重視なところと武骨なデザインが昔から気に入ってます。
閉鎖環境を維持するためのバイオリアクター構築そのものが好きですし、飼育設備全般のカスタマイズも楽しいので色々といじっています!
一応誤解無きように記しますが、ディスカスはスポンジフィルター1個で充分元気に育て上げることができます!さらに自分が実際に見てきた感覚では、そちらの方がむしろ美しく育ち上がる個体が多いように思います。そしてヨーロッパ諸国と比して日本ではGH・KHの低い水が潤沢に手に入る訳ですから、ことさらろ過に依存する必要性はあまりないように感じます。管理面からいえば外部フィルターはやはり少し手間がかかります。。

DSC05714.jpg

↑自動換水の他、pHコントローラー制御による浄水注入も可能です。

DSC05806.jpg

↑水槽背面をドライタワー側から撮りました。無駄な配管は一つもない(はず)ですが、改めて見てみるとカオスですね。。ちなみに大きな赤コックはドライタワーの底部スラッジ洗浄用(3,4ヶ月に一度使用)です。

DSC05787.jpg

↑中央にあるのは気液混合移送用エアーポンプです。このポンプを使って、サイフォンパイプ(水槽連結用、オーバーフロー用)内に溜まった空気を水と共にバキュームします。とても優れものです!

DSC06007.jpg

↑水槽背面を正面から撮りました。仔採りは下の45cmキューブ水槽2本のみで行なっています。夏場に繁殖させたい時はペア水槽だけを切り離してクーラーで冷やすことができます。オーバーフローラインを設けているので毎日自動換水しています。

DSC05877.jpg

↑クーラーは水槽全体用(三水槽連結、総水量350L、32℃設定)とペア水槽用(75L、28℃設定)の計二機を設置しています。

2017年8月26日撮影

SPONSORED LINKS

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

CURATOR: SΠDER

CURATOR: SΠDER

INTRODUCTION

CONTACT

PRIVACY POLICY

UNIQUE USER
ONLINE USER
SOCIAL LINKS
SHOPPING SITE
SEARCH FORM
CATEGORIES
MONTHLY ARCHIVES
COMMENTS
RELATED PARTIES
PLECO SALES DESTINATION
DISCUS RECOMMENDED ITEMS
PLECO RECOMMENDED ITEMS