マゾテンとギルソンP200

DSC02502.jpg

2018年5月28日撮影

ディスカスの体表・鰓及びろ過槽を含む飼育環境全体の駆虫には、バクテリアに影響を与えないマゾテン液20%(100mL中トリクロルホン20g含有)を使用しています。しかし最少規定量0.2ppmに調整すると水量350L(メイン系水槽)に対して用量350μLの投薬(注1)となり、通常のピペットでは微量すぎて正確に計量できません。そこで計量にはギルソン社のピペットマンP200(容量範囲:50〜200μL)を利用しています。このギルソンP200を用いれば最少規定量0.2ppmで水量50Lまで投薬可能です。

(注1)浄水200mL程度に薬液350μLを均一に攪拌後、飼育水へ投入する。その際に殺菌灯は消灯し、ろ過は稼働したままとする。

SPONSORED LINKS

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

CURATOR: SΠDER

CURATOR: SΠDER

INTRODUCTION

CONTACT

PRIVACY POLICY

UNIQUE USER
ONLINE USER
SHOPPING SITE
SUPPORTER
SOCIAL LINKS
SEARCH FORM
CATEGORIES
MONTHLY ARCHIVES
COMMENTS
RELATED PARTIES
PLECO SALES DESTINATION
DISCUS RECOMMENDED ITEMS
PLECO RECOMMENDED ITEMS