オマケさんVer.2血統について思うこと。




2018年5月20日撮影

FOブリードプレコ:スーパーメガクラウンゼブラプレコ L236タイプ♂(オマケVer.2♂×L236 ドイツブリード極上♀:2014ドイツ便=F1)10.5cm

↑♂親のオマケVer.2(L333系)よりも、♀親のL236の血が強く出たタイプのF1個体です!




2020年1月6日撮影

DADAブリードプレコ:スーパーメガクラウンゼブラプレコ L333タイプ♂(オマケVer.2♂×L236♀=F1)9.5cm

↑♀親のL236よりも、♂親のオマケVer.2(L333系)の血が強く出たタイプのF1個体です!




2020年2月9日撮影

フクロトジブリードプレコ:リアルメガクラウンゼブラプレコ♂(オマケVer.2:No.2♂×オマケVer.2:No.3♀=F1)

↑オマケVer.2(L333系)の純系F1個体です。L333ゴールデンキングロイヤルの反転表現そのものです!

上記三系統個体の色彩変化・体形・採れたF1個体の血の割れ方を検証することにより、オマケVer.2の血筋(何たるか)について確信!?を得た気がします!私の勝手な想像より、かなり堅実に作り込まれているという事が分かりました。(オマケさん、ホント上から目線で申し訳ございません。。)


<品種作出に際しての理想的なアプローチとフロー>※個人的見解

同時期かつ同環境において、セレクションに掛けるサンプル数(ペア数&各ペアから得られる次世代の個体数)をより多くとる。
     ↓
・遺伝子発現ノイズ(内因性 or 外因性)による影響を受けずらくなる。    
     ↓
・同一の遺伝情報による表現型のばらつき(エピジェネティック《注》な揺らぎ)が抑えられる。
     ↓
・目的とする遺伝形質の拾い間違いが起こりずらくなる。
     ↓
・特定の遺伝子型と表現型をより均一に有する個体群ができる。
     ↓
・固定率がより高い品種ができる。

《注》エピジェネティクス (epigenetics) :DNAの塩基配列自体は変化しないが、DNAやタンパク質の後成的な修飾により、遺伝子発現が影響を受ける現象




残念ながら、私の限られた飼育環境ではなかなか出来ることでは無いですね^^;

SPONSORED LINKS

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

CURATOR: SΠDER

CURATOR: SΠDER

INTRODUCTION

CONTACT

PRIVACY POLICY

UNIQUE USER
ONLINE USER
SOCIAL LINKS
SHOPPING SITE
SEARCH FORM
CATEGORIES
MONTHLY ARCHIVES
COMMENTS
RELATED PARTIES
PLECO SALES DESTINATION
DISCUS RECOMMENDED ITEMS
PLECO RECOMMENDED ITEMS